チャージ症候群(連合)による
高度感音性難聴(両耳)
下垂体性小人症
小眼球症(左眼)
脈絡膜欠損
…などを持つ息子ハル坊の日々を
シングルママがあれこれ綴るブログ〆(゚▽゚*)
視覚障害&発達遅延アリ。
自閉&多動傾向アリ。
生後まもなく、食道裂孔ヘルニアの手術済。
ProfilE
CategorieS
CalendaR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Past loG
CommentS
LinkS
EtC

qrcode








20
01
2013
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

* - *
27
12
2005
┗つ、ツワリ!?


Xmas Eveブーツからモーレツな吐気&悪寒の襲来で、
熱も38℃超えを果たし、弱りに弱ってしまった私。。。困惑
最低5回は吐いたなぁ・・・ムニョムニョdown
実家の近所には休日に診てくれる病院病院は無いから、
やっとこさ今日診てもらってきたよぉポロリ
薬で少し良くなった気がしたものの、
夜にはまた吐いてしまったぁ・・・唖然
ツワリを思い出すぅたらーっ
しんどいよー。゚(゚´Д`゚)゚。
* comments(4) *
30
03
2006
┗ママに感染


ハル坊赤ちゃんに風邪うつされちゃったぁ・・・困惑down

今日、ホントは耳鼻科の難聴外来だったんだけど、
母子共に風邪っぴきだったから、
今日はヤメバッドにして延期してもらうことにカレンダー

早く治さなきゃーパクッ
* comments(3) *
03
04
2006
┗完全復活!


皆様、ご心配をおかけしましたぁ汗

ハル坊赤ちゃん&ことママ、ふっかぁぁぁあああつ!!!

みんなも春の引き風邪には要注意ッムニョムニョ
* comments(0) *
31
10
2006
┗連日の睡眠不足による痛手。。。


旅を存分に満喫した私は、午後2時半頃に出発して
一路長野へと車を走らせていた。

1時間半ほど走ったところで、意識がぶっ飛んだ。

その後、ものすごい衝撃とともに意識が戻る。
気付けば、助手席側のミラーが吹っ飛び、
窓は傷つき、ドアは開かなくなっていた。
路肩に一時停止して後方へ目をやると、
ミラーの残骸が散らばっていた。

旅先からも、地元からも離れた場所での出来事。
途方に暮れた。

ベビーシートでは、ハル坊がわんわん泣いていた。
ふと見れば、私の手から血が出ていた。
飛んできたガラスで切ったようだ。


ハル坊にも私にも、大した外傷がなかったのが、不幸中の幸い。


まだ、これから先もM聾学校やS大学病院、
リハビリセンターなどの長距離運転が強いられる身。
『無理せずに』と言われても、私以外に連れてく人もいないのだから、
やはり私自身がもっと自分の体調管理をしなくてはと反省した。
しかし、夜泣きは本気でキツイ。
これに付き合ってたら、睡眠不足にならないワケがない。
夜泣きだけでも少しマシになってくれたら、どれだけラクだろう。。。


ま、そんなワケで、多くの皆様方にご心配をおかけしてしまったけど、
この通り、ブログも更新できちゃうくらい
体はピンピンなので大丈夫でっすチョキ
愛車は只今修理中につき、代車生活を強いられていますが…ひやひや

私同様、通学やら通院が遠距離の皆さんパー
連日の長距離運転は、なにげに体をむしばんでいます唖然
予約時間に多少遅れても、事故るよりはマシと思って、
ヤバイと感じたら路肩で一息入れて下さいね!!
* comments(4) *
29
09
2007
┗異変


ハル坊のことではなく、ことママの事で恐縮なのですが…。

本日午後23時頃から、激しい腹痛に見舞われています。
元々、便秘が物凄いので、腹痛は日常茶飯事なのですが、
今日の痛みはどうも違う。痛みの種類が違う気がする。
腹痛に加え、全身の激しい震え、嘔吐などもみられる。

なになに!?!?
私の体、どうなっちゃったの!?!?
姿勢を変えるだけで、激痛が走る。
寒気もハンパない。

症状があまりに酷いため、今夜は実家のお世話になることに…。
ハル坊も私の異変を感じ取ったのか、いつになく、とっても良い子。
明日には痛みが引いていてくれますように。。。
* comments(0) *
30
09
2007
┗痛みおさまらず、日曜外来へ


昨晩から続くことママの激痛は、いまだ治まらず現在進行形。
さすがに、こんなに痛みが長引いた経験は
今までしたことがないので、自分の体が
ものすごく心配になってきた。。。

今日は日曜なので、完治させることだけを考え、
ひたすら安静にしていたのだが、
まったく快方に向く気配は無く、
むしろ悪化傾向にあるまま、午後3時を過ぎてしまった。
かつて経験したことのない痛みを前に、
大腸ガン、腸閉塞などが頭をよぎる。

医者に診てもらうべきなんじゃ…と思っていたとき、
母上が背中を押してくれた。
ことママの住んでいる市では日曜外来を実施している
病院が無いため、隣の市の医療機関へ。(ドライバーは父上)
日曜ということもあり、院内はガランガラン。



すぐに初診の手続きを終え、診察室に通された。
ちょいワル親父ふうな風貌の医者だった。
彼曰く、『お腹はフカフカしてるから危険な病気の心配は無い』とのこと。
でも、ことママは食い下がる!
だって、マジで痛いんだもん!!
すると、彼は『お腹にくるタイプの風邪でしょう』って。
それはないだろー!と思いつつも、そうなのか!?と
半信半疑ではあったため、薬を処方してもらって診察終了。
でも、その薬の中になぜか痛み止めはなかった。
なんなんだよ、バカタレー!
あれほど痛いって言ったじゃん!!
でもまぁ、試しに1包飲んでみた。
いくら待っても、症状にまったく変化は見られず。
あーもー、これだからイヤ!!

明日、かかりつけ医に診てもらお!!
じゃなきゃ、この痛み納得できん!!
* comments(0) *
01
10
2007
┗す、ストレス性胃腸炎…!?


昨日処方された薬が効かなかったので、
今日はかかりつけ医のところへ行って診てもらってきた。
しかし、ここでも『腸には問題無いと思うよ』とのお答え。
でも、本当に本当に痛いんです!!と熱弁することママ。
すると、先生から『最近、何かあった??』との質問。

最近?何か??あったっけ???

…って、あるある!!!!!
色々思い当たる事があるあるある!!!!!
つーか、最近に限らず、ハル坊が生まれてから現在に至るまで、
とにかくストレスだらけの生活だった。
生後直後の異変、大手術、長い入院生活、次々と告げられる障害の数々、
旦那蒸発、離婚騒動、連日連夜に及ぶ酷い夜泣き…。

体力も、精神も、自分が思っている以上に蝕まれていたらしい。

別に、被害妄想に陥ったことは一度もないけれど、
事実、体力的にかなり疲労しているのは自覚していた。

だって、夜泣きの酷さと言ったらハンパないんだもん。


ホントに酷過ぎるもんで、聾学校の先生達やリハビリの先生達にも
夜泣きの件については話していたんだけど、、、

ここに来て、この酷い夜泣きの原因が暴かれつつあるんだよね。


夜泣きが酷いっていうのは、なにかしら先天性の障害や疾患を
抱えて生まれてきたことで、身体的、精神的な発達遅滞を
伴う子にはわりとよくみられる現象らしいんだけど、
その中でも、ハル坊が該当しそうなのは2つの障害。



ひとつは、チャージ連合。
そしてもうひとつは、自閉症。



ことママ、実は結構前から、そんな気はしてた。
どっちも可能性が高いんじゃないかって思ってた。
だって、ハル坊の気になっている行動のほぼ全てが、
この2つの障害を持つ子の行動に近似しているから。
まだ明確に宣言されたワケじゃないけど、
今度、大学病院の小児科で頭全体のMRI、脳波をとり、
染色体異常の血液検査などをすることになっている。
その結果次第で、医師から改めてお話を聞くことになるだろう。


そんなこんなで話を戻しまして、ことママ、なんと!
ストレス性の胃腸炎になってしまったらしいっス! (゚д゚lll)

あり得ねーっつーの!!!!! (←勿論『花より男子』風にヨロシク。)

しっかし、とにかく痛い!!
痛み止めもあんま効いてくれんしの。
睡眠時間が短すぎて、体力が激しく低下しているから、
なかなか回復してくれんのよ。
スッポンとか食えば、なんとかなるん!?
あ、それは精力!?
レバ刺しとか食えば、なんとかなるん!?
ボンビーな我が家では、到底無理な話ですわ。
スタミナ、スタミナ。
うーん。。。

肉か。
肉を食えば、なんとかなるか。
ってか、肉は大好物だから日頃からよく食べてるっつーの!
もうこうなったら、リポビ○ン系の力を借りるべきか!?
そうなのか!?!?

あ、話がチョー脱線してる。
ってか、こんなコト書いていられるほど元気ではない、ホントは。
しんどーい、マジで。

正直な話、障害児を抱えるママ達は倒れてる暇なんてないんだ。
病院、学校、リハビリが、連日待ち受けてんだ。
パパりんがいないシングル家庭は、尚更なんだ。

なのでっっっ!!!!!
皆様、ことママに元気パワーを送って下され。
闘魂注入ーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!(`・ω・´)シャキーン☆
* comments(14) *
19
02
2008
┗引っ越しの見積もり



* comments(0) *
06
03
2008
┗新居内見&本契約





* comments(0) *
13
03
2008
┗あっという間に引っ越し当日





* comments(0) *