チャージ症候群(連合)による
高度感音性難聴(両耳)
下垂体性小人症
小眼球症(左眼)
脈絡膜欠損
…などを持つ息子ハル坊の日々を
シングルママがあれこれ綴るブログ〆(゚▽゚*)
視覚障害&発達遅延アリ。
自閉&多動傾向アリ。
生後まもなく、食道裂孔ヘルニアの手術済。
ProfilE
CategorieS
CalendaR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Past loG
CommentS
LinkS
EtC

qrcode








20
01
2013
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

* - *
02
10
2007
┗小児科 初診


ことママ、相変わらずの不調っぷりですが、
朝、薬をグイッと飲んで、大学病院に行ってまいったぜ。



今日は、S大学附属病院の小児科に初めてかかる日。
これまで、いくつもの大きな病院を渡り歩いてきたハル坊だけれど、
小児外科、耳鼻科、眼科、整形外科、脳外科あたりは
飽きるくらい散々お世話になってきたのに、
なーぜか小児科だけは世話になってない!!
いや、普通に風邪とかは引くから、そういう時に
近所の小児科にかかったことは勿論あるけど、それだけ。
いろんな症状を持って生まれてきたハル坊だけど、
体そのものは健康らしく、滅多に風邪も引かず、
内科的な処方を必要とする機会があまり無いまま
過ごせて来ちゃったってのが原因。ふむ。
で、なんで今回、改まって大学病院の小児科に
かかる運びになったのかと言えば、ハル坊の症状全般を
より明確に、より総合的に把握する必要があるから。
…ってな感じなんだと思ふ。


小児外科 … 食道裂孔ヘルニア
耳鼻科 … 感音性高度難聴
眼科 … 視神経乳頭欠損


これまでの様々な検査で判明してきた上記の症状や、
今後、小児科で行う検査で判明してくるかもしれない症状、
それらを全部ひっくるめて、総称されるような障害名があるのか、
また総称されるものではなく、各々が独自の障害なのか。
そういった事を細かく診ていただくことが、
今回、小児科にかかった大きな理由である。

総称されるのであれば、ハル坊の症状は
やはりチャージ連合ではないかと思う。

事実、今日の診察においても、医師の方から提示される
今後の検査内容は、どれもチャージを疑うものだったように思う。
今日はまず、初対面の医師に、これまでのハル坊の病歴などを説明し、
その後、今後の検査の内容や方針についてお話していただいた。
初対面ではあったものの、医師がとても話しやすい方だったので、
少し気が楽だったのはとても有り難いことだった。

結論。
再来週、MRI撮影&採血。
更にその次の週、脳波測定。

MRIも脳波も、ハル坊が寝てくれんことには出来ない検査。
しかし、ハル坊は昼寝をしない上に、夜泣きは激しく、
平均睡眠時間が3、4時間というツワモノ。
頼むーーーーーーーーーーーー!!!
寝てくれーーーーーーーーーー!!!
マジで!!! ヽ(`д´;)/
* comments(2) *
15
10
2007
┗頭全体のMRI撮影&採血


今日は頭全体のMRIを撮影する日。

MRIや脳波(ABRやASSRなど)の検査は、
子供が寝てくれないことには出来ない検査なので、
予約時間の1時間前には病院へ行き、
受付後すぐに眠剤を投薬してもらうのが一般的。
ただ、今日のハル坊は採血もする予定だったので、
まずは看護師さん達に押さえつけられつつ、
血液を採るためのラインをとってもらった。



そしたら、ハル坊の右手がこんなこと↑になってた。
ベソかいた顔で、手の包帯を取れとせがむハル坊。
それを拒否ることママ。
キレるハル坊。
なだめることママ。

…疲れる…(((;-д- )=3


ラインをとってもらった後は、いつもの通り、
まずは飲むタイプの眠剤(トリクロ)を投与。
普通は30分くらいで効いてくるハズらしいんだけど、
ハル坊がトリクロで落ちてくれた事はいまだかつて一度もナッシング。
本日も勿論ビンビン覚醒中!
なので、その後座薬タイプの眠剤(エスクレ250mg)を投与。
これも30分ほどで効果が出てくるハズなんだけど、
ハル坊の場合は30分じゃ効いてくれないのが常。
結局、1時間半以上粘った末に、やーっと寝てくれた。
ふぅ〜、良かった良かった♪

寝入ったところで、まずは採血。
さきほどのラインから血を採る。
よーし、順調順調★

採血が終わると、今度はMRI。



ことママもMRIの部屋に入らなきゃならんので、
ネックレスやらピアスやら、金属は外して部屋の中へ。
このまま30分〜1時間くらい、MRI撮影に付き合う。
途中で起きちゃったりすると再検査になって最悪なんだけど、
今日は撮影中、ずーっと寝ててくれたので問題なく終了☆
よしよし、OK(≧∇≦)b

そんなこんなで、本日の検査はおしまい♪
結果は今月末。
今まで数々の検査で引っ掛かりまくってきたハル坊だけに、
今回もまたあんまイイ予感はしねぇなぁ。
(-∧-;) ナムナム
* comments(2) *
22
10
2007
┗待って待って待ちまくったのに再検査


今日はS大学附属病院の小児科で、脳波をとっていただく日。

先日のMRIは、眠剤を投与してから2時間後くらいには
なんとか眠りに就いてくれたから、ホッと一安心だったんだけど、
今日はそう甘いもんじゃなかった!!!

まず、いつものように飲むタイプの眠剤(トリクロ)を投与。
いつもはこの後、病院内を散歩させまくったりするんだけど、
今日はトリクロ投与後、すぐに脳波室に向かってくれとの指示を
受けたので、そのまま脳波室へ。。。
検査員に『ベッドに横たわらせて、寝かしつけて下さい。』と
かる〜く言われたんだけど、ただでさえ眠らない体質のハル坊なのに、
今までのどの検査においても、トリクロだけで寝たためしは無いし、
更にこんな暗室に入れたら、かえってテンションが上がってしまう性分だから
こんなトコで寝かしつけるなんぞ、到底無理な話!!!
…とは思いつつも、そんなふうには面と向かって言えないから、
しばらくベッドに横たわらせてみるものの、やはり寝ない。



ってか、むしろ脳波をはかるための何本ものコードが面白くなっちゃって、
ビンビン覚醒しちゃった感じが否めない始末。
トリクロ投与後、1時間ほどこんな感じで頑張ってたんだけど、
まったく眠る気配が無いので、検査員が小児科に連絡をとった末、
この暗室のベッドにて、座薬タイプの眠剤(エスクレ)を投与。
しかし、相変わらずのテンションで寝る気配は無い。
…と思っていたら、プーンとイヤ〜な臭いが。。。

ウ○チだーーーーーーーーーーーーーー。。。

あー、これで座薬の意味がまったくナッシング。
でも、当の本人はスッキリ顔★
おめースッキリしちゃってんじゃねーよ!!!!!!(怒)

ずっとこの部屋にいてもらちがあかないので、
エスクレを投与して30分ほど経ったところで、
『この子は、お散歩してきた方が寝る確率が高いかもしれません。』と
検査員に話をして、病院内を散歩させることに。

しかし、時すでに遅し。。。。。。。。。。。。

せっかくのエスクレも、下から出してスッキリし、
バリバリ覚醒してしまったハル坊にはもう何をやっても後の祭り…。
30分ほど院内をグルグル散歩したところで諦め、再度脳波室へ。
検査員に半笑いの表情で『ホントに元気だね〜。』と、
半ば嫌味ともとれる発言をされつつ、最後の手段として、
もう一度飲むタイプの眠剤(トリクロより強力なやつ)を投与。
その後、30分待つが、やはりダメ。
ここで、『次の予約が入っているから…。』と言われ、
『帰りの車の中ではぐっすりでしょうね〜』とかのたまわれ、終了。

なに、この仕打ち。

2時間かけて運転して、午前中から病院にいて、
ずーっと寝てくれるのを待って、ウ○チもかえて、
院内を何周も散歩して、3種類もの眠剤を投与した挙句のタイムアップ。

会計待ちをしている間、マジで泣けてきた。
悔しいやら、ムカつくやら、切ないやら、
ワケわかんないけど、涙がダーッて。
周りは、『あのお母さん、どうしたのかしら…?』みたいな。
でも、そんなの関係ねぇ!!! (←小島よしお風に。)


帰りの車内。
勿論、ハル坊は爆睡…(´-ω-`)
この、なんとも言えない空虚感は
体験したことがある人しかわからんと思ふ。。。
運転しながら、また泣けてきたよ。
『あと数分待ってくれたら、検査できたのに…。』って。
『あと数分早く寝てくれたら、検査できたのに…。』って。
誰が悪いワケでも無いけど、だからこそ余計にせつねぇんだ。

来月、たまたま1日だけ脳波の予約が
空いてる日があるとのことだったので、早速予約を入れた。
今度はちゃんと寝てくれますように…(-人-;)(;-人-)
* comments(2) *
30
10
2007
┗下垂体不全疑惑&血液酸性疑惑


今日は、大学病院の小児科において、
先日15日に撮影した、脳全体のMRI結果を聞く日。

これまで、数多くの検査という検査をしてきたハル坊。
そして、どの検査においても、たいてい何かしら
宣告されるような症状が発見されてきたハル坊。
むしろ、『異常なし』と言われたことってあったっけ?
…ってな勢いのハル坊。

そんなワケで、本日は朝から若干気が重めのことママ。
その予感は的中でしたわよ。


診察室に通されると、H先生が大きく息を吸った。
だいたい、どの先生もそうなんだけど、
何かを話し出す前に大きく息を吸ったら、
それはこのあと、重要な話が待っている合図。
(↑ことママ的分析★)


で、この度みつかった新たな症状。
それは…。



『下垂体の欠損、もしくは奇形』



「下垂体」と言われてもピンとこないが、「脳下垂体」と言われれば、
なんとなく耳にしたことがある人もいるのではないだろうか。
H先生の説明によれば、先日のMRI画像(4枚)の中の
どれにも下垂体の存在が確認できなかったとのこと。
更には、下垂体をつつみこむような形をしている
『トルコ鞍(あん)』と呼ばれる骨のくぼみも確認できなかったという。
私もMRI画像を4枚とも見せていただいたが、
確かに4枚とも下垂体&トルコ鞍はうつっていなかった。
この「下垂体」というのは、脳の真ん中に存在しており、
人間が生きていく上で、とても重要なホルモンを
いくつも分泌している器官である。
ホルモンの中枢とも言える。
中でも、特に重要視されるホルモンは以下の通り。


\長ホルモン … 成長を促す(身長や体重に大きく影響あり)
甲状腺刺激ホルモン … 甲状腺ホルモンを分泌させる(元気の源)
I腎皮質刺激ホルモン … 副腎のホルモンを分泌させる(ステロイド効果)
だ腺刺激ホルモン … 性ホルモンの調節を行う(第二次成長期には必要不可欠)
ゥ廛蹈薀チン … 女性の乳中分泌を調節する
Ε丱哨廛譽奪轡鵝 帖/嫗,杷△稜蚕未鮃圓


現時点で、ハル坊にとって特に重要なホルモンは ↓◆↓とのこと。
ただ、△亡悗靴討六前に依頼して調べておいてもらった結果、
今のところ正常に分泌しているとのこと。
Δ砲弔い討癲仮にこのホルモンはが正常に働いていないとすると、
尿が止まらないという現象が起こるとのことで、
それを考慮すると、ハル坊は尿をためて出すことが出来ているので
今のところ、問題ないでしょうとのお話。

以上のことから、,鉢のホルモンが正常に
分泌されているかどうかを調べるため、再び採血を行った。



採血の針って、結構ぶっといから泣く泣く( TДT)
先々週採ったばっかなのに、よく頑張った!!



しかし。
これだけで終わりではなかったのです。
下垂体以外に、もうひとつ。
これはMRIとは関係なく、血液検査でわかったこと。
それは…。


血液が酸性。


血が酸性って、どーゆーこっちゃ!??!
血が酸っぱいんか!?!? (←いや、違うだろ。)

…って、冗談を言ってる場合じゃなく。。。

一般的に、血液は酸性(−1)〜アルカリ性(+1)を
行ったり来たりしていて、ほぼ中性くらいを保っているんだそう。
でも、ハル坊の血液検査の結果では、『−5』とか『−6』とかいう
あり得ん数値を叩き出していたの!!!

H先生の話によれば、血液が酸性というのは、
あまりよろしくないことらしい。
今すぐに何が起こるというワケではないようだが、
追々病気になりがちだったりするらしい。

しかし、もしかしたら先々週採血したときが、
たまたま酸性にかたよっていただけかもしれないので、
再確認ということで、尿検査を行うことに。

がっ!!!!
ここで、トラブル発生!!!!!
いや、トラブルじゃねーか。
なんかね、その尿検査で『アミノ酸』と『有機酸』の
数値をはかると、より詳細に酸性かどうかが判明するらしいんだけど、
『アミノ酸』の数値計測は保険がきくんだけど、
『有機酸』の数理計測には保険がきかないんだって!!( ´゚д゚`)
実費で¥20000かかるんだと。
だたでさえボンビーなことで有名なことママ家だっていうのに、
いきなり¥20000も都合がつくワケねーだろー!

でもね。やっぱね。
ハル坊のことは、ちゃんと調べなきゃ、私自身が納得いかない。
ので。
『有機酸』の検査もお願いすることにしたよ。
あー、マジで宝くじ当たってくんねーかなー。
ウチみたいなボンビー家庭にこそ、当たるべきじゃね!?
でも、宝くじを買う金さえも無いっていう話…┐(´д`)┌

で、話を戻すけどさ。
自分でトイレが出来るようになりゃ、尿検査なんて簡単な事だけど、
まだオムツさえとれていない子供の尿検査ってのは、
予想以上に難しいってことを、今回初めて知ったぜ!!!
陰部に専用のビニールみたいのを貼り付けて採尿するんだけど、
これが漏れる漏れる!!! (←話が突然汚くなって、すんません。)
結局、本日はうまく採尿できず、次回に持ち越し。
はぁ〜。。。


そんなワケで、今日はMRIの結果を聞きに行くだけのハズが、
採血やら採尿やらで、とても長引いたんどすえ。
で、疲れきって帰宅したのも束の間。
ハル坊が自宅の和室で転倒して、コタツの角に後頭部を強打し、
激しく流血ーーーーーーーーっ!ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!
畳が血だらけ。なんだこりゃ。殺人現場かっていう勢い。

とにかく、近所の病院へ。
『傷は深いけど、縫う必要は無さそうだよ。』と言われ、一安心。



いろんな意味で、盛り沢山な1日でしたわ、ホント。
病院で会計を済ませて、車のミラーを見てビックリ。



白髪っっっ!!!ガ━━━━━━(゚д゚lll)━━━━━━ン!
最近、私の体、老化しすぎなんですけど、誰か止めて下さいm( _ _ )m
* comments(10) *
12
11
2007
┗脳波ピコピコ


本日は、先日とれなかった脳波の再検査日。
あ〜思い出すだけで、悪夢だわ〜〜〜。
眠剤を3種類も投与しても寝ないガキは、どこのどいつだ〜ぁ?

ハルキングだよっっっ!! (←にしおかすみこ風。)

さすがキングです。
薬なんかに負けちゃいられんようです。
そんな強さは要らないって誰か教えてやって。

…というワケで、今回は眠剤の投与方法について、
ことママが口をはさませてもらいました!

その一、 飲み薬(トリクロ)ではなく、座薬(エスクレ)からの投与にしてもらうこと。
その二、 座薬を通常の2倍にしてもらうこと。
その三、 眠剤投与後は、暗室にこもらせるのではなく、院内を散歩させてもらうこと。

以上、三つのことを事前に主治医にお願いしておいたのじゃ。


で、当日。
今日は、友人のアイアイが長距離運転のドライバーを引き受けてくれたので、
車内ではハル坊の面倒だけみていればイイという究極のラクチンをさせてもらい、
なんなく病院に到着。アイアイはS大学附属病院に来るのが初めてなので、
終始キョロキョロしてたのが、なかなか面白かった♪(笑)

小児科に着いて、まずは採尿。
…というのも、これまた先日、尿をとろうと思ったのに、
全然尿をしてくれなくて、結局タイムリミットを迎えたから。
ま、当然今日もなかなか出してはくれないワケでして。



アイアイに遊んでもらいつつ、おしっこ待ちの時間は延々と続き、
やはり今日も尿はとれずじまい。。。
どんだけおしっこためてんだーーー( ゚o゚)ノ

仕方ないので採尿は諦め、脳波測定の準備にかかる。
まずは、座薬タイプの眠剤(エスクレ500mg)を投与。
採尿パックは貼り付けた状態のまま、脳波室へ。
なんで貼り付けたまま行ったかというと、
もしかしたら検査中におしっこするかも…という淡い期待があったから。

初っ端から座薬タイプの眠剤を投与してもらったのは、
今回が初めてだったんだけど、ことママの読みは見事に命中し、
ハル坊は1時間もすると、夢の中♪♪
これ、過去最速じゃないっスか!?!?(当社比 ←どこ?笑)
次回からは、絶対に座薬から投与してもらうぞ!!

ハル坊が眠りについたところで、検査員の方が脳波の線を
頭部に貼り付けまくる作業が始まり、ハル坊の頭は黄やら赤やら青やら、
とにかくこれでもか!っていうほど、線だらけに。

そのまま、脳波測定開始。

待つこと、およそ30分。(←時計がないので、正確にはわからんけどね。)

眠剤で眠らせたハル坊を、今度は無理矢理起こす!!
なぜなら、覚醒していく際の脳波を測定するため。

…って、さすがに可愛そうだろ!!!
寝ろって言っておいて、今度は起きろって!?!?!
そんなことされたら、大人だってキレる奴はキレるだろ!!!

…と、内心は思いつつも、仕方の無いことなので目をつぶる。
ごめんなぁ、ハル坊。。。




↑起こした直後。
めっちゃ泣いてんの。
ベッドの上で、背バイして回転までするもんだから、
脳波の線が何本も顔を横断して、また更に泣くの。
そのうち、回転しすぎて、首にも体にも巻きついちゃってんの。
まわるな、まわるな。
とりあえず、大の字で泣いとけ。


このあと、脳波の線を全て取り除いてもらい、検査終了ー。
つかれたー。…と言いたいとこだけど、今日は別に疲れなかったな。
座薬ですぐに寝てくれたし、検査中に起きちゃうこともなかったし、
ドライバーはアイアイがしてくれたし☆
いつもに比べたら、あり得ないくらい超スムーーーーーズ!!!

あ、そうそう。
脳波の検査後、おしっこはしていたかというと…。



No−−−−−−−−−−−−−−−−−−−!( ´゚д゚`)


残念でした、チャンチャン♪


帰り道、ゲーセンに寄り道。
昨日、ハル坊の2歳8ヶ月記念だったんだけど、
プリを撮らなかったから、今日撮ろうっていう話になってさ♪



ハル坊2歳8ヶ月、改めておめっとさーん(☆∀☆)
そんでアイアイ!
今日は本当にどうもありがとーーーーーーーヽ(´ー`)ノ
とっても心強かったよ!感謝!!!
* comments(4) *
26
11
2007
┗小児慢性特定疾患に該当!?&採尿成功!


今日はS大学附属病院の小児科において、
先日の血液検査の結果発表と採尿があったぞぃ。

で、まーずは血液検査の結果からご報告〜☆

えーっとですね。
ハル坊殿はですね。
脳の下垂体というところから分泌されるべき
『成長ホルモン』ってやつの数値がかなり低かったようで、
今後、どうも身長・体重などの成長に支障をきたしてきそうな予感が
非常に高くなってまいりましたー。

ん?
イマイチどういうこっちゃわからんって??
えーっと、つまり低身長・低体重の可能性が高いってことですな。
簡単に言えば、一昔前まで『小人症』とか呼ばれてた症状。
ただ、『小人症』という響きは差別意識が含まれているとの声が
多かったことから、現在では『成長ホルモン分泌不全性低身長症』という
正式名称で呼ばれるようになったんだとか。正式名称、なげー。

で、これは『小児慢性特定疾患』の対象疾病。
要は、かなり珍しい症状ってことだぁね。
ハル坊殿ってば、またまたスタンダードからは一歩も二歩も外れた、
チョー個性的な我が道を歩みだした次第でありますな。
あのー…。
そろそろ落ち着いてくれても、
ことママとしては全然かまわないんですけどー…。

で、今日の結果を見る限りでは、ほぼ確定っちゃー確定っぽいんだけど、
もう一度血液検査をし、その結果も似たような数値が
出てくるようであれば、精密検査にかけられることになるとのこと。
内分泌科ってトコのお世話になる方向性が強くなってきたワケどぇす。

なんですか、内分泌科って。
そもそもホルモンってなにものですか。
焼肉とかのホルモンとは違うんですか。(←当たり前。)
しかしさー、ホルモンって聞いたことはあるから
なんか知ってるような気になってるけど、
実は何者なの!?とか思わない??
え、私だけ!?!?
だって体内や脳内で起こってるコトなんて、
実はなんにもわかってなくね!?
こういうコト考え出すと止まらなくなるのは、
きっと私が理系だからなんだと思ふ。
多分くぼたんもわかってくれるハズ、この気持ち★(笑)


さて。
血液検査の結果報告が一通り終わった後に待ち構えていたのは、
苦戦続きの採尿…Σ(_∪ __;)



↑動きまくって、決定的チャンスを逃しちゃうといけないので、
採尿が完了するまでは、ベビーベッドで監禁されるハル坊の図。

今日、採尿パックで尿がうまく採れなったら、
尿道に管を通して強制的に採尿することになるって言われてたので、
なんとしてでも採尿パックで採ってあげたいと思うものの、
一発目は採尿パックから尿が漏れてしまい、あえなく失敗。
あーーー!尿道に管を通すことになっちまう!!
でも、ちょーっと待って!プレイバック、プレイバック!!
あと一回だけチャンスを下され〜m( _ _ )m …と懇願。

でも、さきほど一発目を放尿してしまったばかりのハル坊が、
次に用を足したくなるのは、おそらく2時間後くらい。。。
2時間もの間、ハル坊がこんなベビーベッドの上で
いいこにしていてくれるワケもなく、
絵本を見せても、ぬいぐるみを見せても、ぜーんぜん無意味!!
めっちゃ怒ってるし、仕舞いには泣き出す始末。
2時間ってこんなに長かったっけー??と思いながら、
ただひたすらハル坊の尿意が来るのを待つ。
あまりに待ちわびすぎて、ハル坊もグズりまくるので、
最終的にゃ、私も………






ベビーベッドで添い寝!!!!!!(爆)
これで、ハル坊も少し落ち着いてくれました♪
でも、通りすがりの人達は、みーんな『えっ!?』っていう顔で
ことママを見ながら、通り過ぎていきましたー。
笑いたきゃ笑いやがれーバーロー( ̄^ ̄)凸

そんなことを思っていたら、どうもハル坊がおしっこをした様子★
今度こそ、パックから漏れずにちゃんと採れていますように!!
…と祈りながら見てみると………





やったーーーーーーーーーーーーーーーーヽ(〃▽〃 )ノ









見事、パックの中におしっこが!!!!!
良い仕事したぞ、ハル坊!!!!!

ってなワケで、なんとか採尿成功ヽ(´ー`)ノ
次回、尿検査の結果が発表されます。
なんでもこーい( - _ - )!
* comments(8) *
17
12
2007
┗乳酸値が高め!?


小児科の日。

今日は、先日やっとのことで成功した採尿の結果発表日。
検査の結果を聞く日は、無意識にお腹が痛くなることママですが、
今日は親友のアイアイが病院までの送迎(運転手)をしてくれたので、
病院に向かう道中でも、いろんな話をしながら行くことができ、
お腹が痛くなる暇もなく、あっという間に到着してしまった☆
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ



待ち時間中、『内分泌』というカードをガシッと握ってたハル坊。
もしや、自分と関わりの深い言葉だって知ってた!?!?(爆)


で、そもそも今回の尿検査では、何を検査しようとしていたかと言えば、
ハル坊の血液って、もしかしたら酸性かも疑惑』の真偽。

血液の酸性を調べるためには、尿検査が最良なんだそうで、
なんだか不思議な話なんだけど、とりあえず結果は出ましたぜ。

やっぱり、血液はちょっと酸性寄りみたい。
でも先日の値(『−5』とか『−6』とか)よりは、
数段良い値が出ていて、尿検査では『−3』くらいだったとのこと。
このくらいの数値なら、さほど心配することはなさそうだって。
あーん、嬉しいよーーーぅ( ;∀;)
ただでさえ、心配しなきゃならん箇所が多い人なので、
ひとつでもそう言ってもらえると、本当に有り難い。

結果を聞き、ひとまず安心した私たちは、
病院を出て、お昼を食べるためにイタリアントマトへ★
イタトマにはリゾットなんかもあって、
噛む力がまだ弱いハル坊でも、気軽に食べさせられるメニューが
あるので、わりと利用させてもらってます♪
で、本日も勿論、ハル坊はリゾット☆
基本的に、食べ物は私からしか食べないハル坊だけど、
アイアイは別格らしく、口を開けてくれるの。



↑これは、アイアイに水を飲ませてもらってるトコ。

昼食を終えたあとは、そのままパルコへ。
パルコの外には大きな大きなクリスマスツリーが飾られていて、
めっちゃくちゃ綺麗だったーーーーーーー!!!
中に入ると、これまた綺麗な薔薇を発見(☆∀☆)



虹色の薔薇!!!
その名も、『レインボーローズ』★
これ、何がスゲーって、造花じゃなくて生花なところ!!!
どうやったら、こんなの作れるん!?!??!
他にも青い薔薇とか、色々面白い花がいーっぱいあった♪

パルコを出て、実家へ。
母上がアイアイと私のために、夕飯っを用意してくれてた☆
うれしかーーーーーーー!!!
食後は、母上も含めて、女3人の座談会スタート★★★(笑)



↑今日、アイアイ画伯が描き残していった作品。
モデルはハル坊。アイアイは絵がとっても上手!羨ましい!!

チョー充実した1日だったーーーーーーーーヽ(´ー`)ノ
* comments(2) *
08
01
2008
┗ソマトメジンC


今日は小児科の受診日。
先日の採血の結果が出る日。



まず初めに、現在の身長&体重を計測。
身長 83
体重 10.29
相変わらず、成長曲線からはガッツリ外れまくり。

その後、成長モルモンであるソマトメジンCの値が発表されたんですわ。
41。
この数値は、ソマトメジンCの正常値とされている範囲内ではあるものの、
最低基準値37に極めて近い数値。

つまり、ほーんのちょびっとの成長ホルモンは出ているけど、
体重や身長を十分に伸ばすのに必要な量には、程遠い数値ということ。
でも、ほーんのちょびっとでも成長ホルモンが出てくれていたからこそ、
ハル坊はゆっくりながらも、ここまで大きくなってこれたんだなぁと思うと、
『微量のソマトメジンCたちよ、ありがとさん!』と思えてくる★(笑)

とりあえず、正常値の範囲内ではあった為、
内分泌科を受診して負荷試験をするのは、
もう少し様子見ということになりやした。
(あ、負荷試験っていう検査の詳細はまた後日書くね♪)
でも、いつかはちゃんと内分泌科で診てもらった方がイイよな〜。
ホルモンの出が悪いことは確かなんだし。
治療をするならするで、早いに越したことは無いないしね。うん。
* comments(0) *
04
03
2008
┗骨密度やら心電図やら





* comments(0) *
22
04
2008
┗アニメ版ウルトラマン









* comments(0) *